不動産業者はあくまで不動産仲介業者です。専門家ではありません。

日本のサービスは世界一です。
マクドナルドやコンビにでも接客マナーが最低限出来ている最高の国です。
しかし、そのサービスに慣れてしまっている日本人は世界では嫌われ者になってしまう可能性があります。

日本の不動産業者は契約の為に本来の仕事ではない事をドンドンやって行きます。
家主さんとの信頼関係を作る為に庭掃除や犬の散歩までこなす人もいると聞いています。
もちろん、大切な資産をお預かりするので信頼関係を築かなくてはいけないことは確実です。

しかし、全く業務と関係ない犬の散歩などをサービスとしてもいいのでしょうか?
業務以外に時間を取られてしまい、業務の時間が減ってしまっているのではないでしょうか?

グアム(アメリカ)では専門分野で分けられている

アメリカでは良くも悪くも専門分野で分けて仕事を行います。
日本の様に税金のアドバイスをしたり、法律の抜け道を案内したりすることは違法になり、処罰されます。

不動産の仲介の際にも公平性をハッキリさせる為の第三者機関のエスクローが入ることで不正などを完全にシャットアウト出来る様になっていますので、あとになって揉める事は殆どありません。

日本と同じように効率を求めすぎて逆に非効率になってしまうことは多々あるかもしれません。
当社ではお客様の不動産契約において心配・不安ゼロを実現する為に全力でお客様にあった物件を探すことに時間を使っています。
他社の様に送迎サービスや、物件以外の案内は一切行っておりません。
あくまで物件勝負で営業しています。

不動産業者はあくまで物件を紹介し、物件の詳細を伝えることと、売買や賃貸契約を仲介することが仕事です。
利回り計算や、見積もり依頼、マーケットリサーチなどは専門ではないので、資格をもっていない人からの話を鵜呑みにするのはとても危険です。

グアムと同じリゾートのハワイでは不動産を購入している半数くらいが日本人と言われているようです。
その理由としては、日本企業が進出し、日本レベルのサービスを提供すると現地で売り込みをしているからです。

日本の会社ならある程度のサービスが期待できると思い、売買契約はどんどん増えているようです。
しかし、それと同じくらい手放したい人も多くいることも事実です。
不動産投資では、現地で出された見積もりと、利回り予想を鵜呑みにしてしまい、毎月赤字という人が増えているようです。

いくら日本人がいても、有名な日本企業がいたとしても、最終的な判断責任は本人です。
グアムでも似たような事例はたくさんあり、対応に困っているオーナーさんが結構います。

リゾート物件を別荘として所有されるなら維持費用を、投資物件として運用するなら利回り計算をしっかりご自信で判断することでリスク回避ができますので、当社では注意すべき点をハッキリと説明し、専門家を紹介した上で皆様に検討いただいております。

「面倒くさいからここでいいんじゃない?」とよく聞きますが、実はそれが一番危険かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)